超サイヤ人のスーパー見分け方講座

 超サイヤ人1は第一段階から第四段階まで込み入っており、少々見分けが付き難い部分がある。魔人ブウ編以降、特にアニメでは超サイヤ人1と超サイヤ人2の区別も困難になっている。
 その点、原作では(比較的)容易に判別が可能だ。
 超サイヤ人1~超サイヤ人2を正しく見分ける鍵は、一にオーラの形状、二に髪型。髪型は誤差があるため完全な判断材料にはならないが、オーラの形状を見れば一目瞭然、間違いなく断定できる。
 それでは、段階別に超サイヤ人の区別法を詳しく見ていこう。

超サイヤ人1 第一段階

超サイヤ人1 第一段階のオーラ   炎が薄く揺らめくような形状が特徴のオーラ。人々の生体エキスを吸収してパワーアップしたセル第一形態や、気を開放したセル第二形態のオーラもこれ。

超サイヤ人1 第二段階

超サイヤ人1 第二段階のオーラ  炎が勢いよく噴出するような形状が特徴のオーラ。全身の筋肉が肥大し、髪がより鋭角的に逆立つ。セル完全体の「恐ろしい真のパワー」のオーラはこの形状。

超サイヤ人1 第三段階

超サイヤ人1 第三段階のオーラ  炎の中で稲妻が弾けるような形状が特徴のオーラ。全身の筋肉が極限まで肥大し、髪が針山のように逆立つ。
 セル完全体がトランクスの前でパワー重視型に変身した際のオーラはこの形状だが、超2悟飯に逆上し変身した時には超1-2のオーラのままだった(自爆形態でも)。
 セルも一種の超サイヤ人変身をしていると思われるが(サイヤ人の細胞)、様々な生物との異種交配の結果か、必ずしも段階とオーラの形状が一致しない。

超サイヤ人1 フルパワー(第四段階)

超サイヤ人1 フルパワー(第四段階)のオーラ  超1-1よりも若干炎の勢いが強いオーラ。セルジュニア戦以降の超ベジータ・超トランクスや、魔人ブウ編の超サイヤ人悟天・ちびトランクスのオーラもこれ。
 「恐ろしい真のパワー」を発揮する前のセル完全体や、セルジュニアのオーラもこの形状だ。(セル完全体、セルジュニアともに段階的には超1-1と思われるが)

超サイヤ人2

超サイヤ人2のオーラ  超1-2のような噴出する炎が基本で、スパークを伴っているのが特徴のオーラ。セル超完全体(パーフェクトセル)のオーラもこの特徴を帯びており、一種の超2変身を体得したことが窺える。
 アニメでは魔人ブウ編以降、スパークの省略傾向が見られるが、原作では一貫して超2のオーラにはスパークが弾けている。スパークのない場面もあるにはあるが、ごく少数。やはり超2とスパークはセットだ。
 なお、ナッパのオーラもスパークしているが、超2のスパークと意味合いが全く異なり、比較対象に挙げるのは愚の骨頂。性質の悪い冗談にしかならない。


髪型での超1と超2の見分け


 魔人ブウ編。髪型だけで超サイヤ人1と超サイヤ人2を完璧に区別できるのは悟空だけだ。悟飯の前髪の本数は誤差の範囲。ベジータに至っては髪型が変わらず、スパークの有無でしか超1・超2の判別ができない。

超サイヤ人2悟空の髪型  超サイヤ人2悟空。前髪が超1より逆立っており、悟空に関してだけは髪型だけで超1・超2の判別が可能。
青年超サイヤ人悟飯の髪型1  天下一武道会へ向けての修行時の超1-4悟飯。前髪の束が2本垂れている。
青年超サイヤ人悟飯の髪型2  スポポビッチへの怒りから超サイヤ人に変身した悟飯。前髪の束が1本に減っている。
 この特徴はキビト戦での超2悟飯でも同じだが、イコール超2悟飯と決定付けるものではない。(画像の悟飯は超1)
 強いていえば、「気を入れる」(高める)前後の差だろう。気を高め戦闘態勢に入った超1以上で、悟飯はこの髪型に変化するとできる。
アルティメット悟飯の髪型1
アルティメット悟飯の髪型2
 アルティメット悟飯にも前髪の本数に違いがある。アルティメット化直後は前髪2本だったが、魔人ブウと戦う時には1本に減っていた。


ダーブラ戦の悟飯は超1か超2か


 ドラゴンボール大全集7のキャラクター事典には、「ダーブラは超サイヤ人2悟飯と互角」と記載がある。だが、実際のダーブラ戦の悟飯はオーラがスパークしておらず、超サイヤ人1で戦っていたことは間違いないのだ。
 議論の余地はない。
 そこから導き出される結論は、悟飯が超サイヤ人2変身を完全にはコントロールできていないということ。超サイヤ人に目覚めたばかりの悟空と同じということだ。すなわち修行不足。(ダーブラはセル完全体〔超1-1〕級)
 ダーブラ(~魔人ブウ)戦の悟飯を超2とするのは、明らかな誤りであり、とんでもない珍説である。同様に、劇場版「危険なふたり!超戦士はねむれない」(復活ブロリー編)の悟飯も超2には変身していない

 さらに厳密に言えば、ダーブラ戦の悟飯はセルが言ったところの「わずかに気が膨らみ始めた」状態の超1。煮え切らない怒りで、不安定ながらも通常の超1以上のパワーを発揮してダーブラに食らいついていたのだ。完全な超2悟飯ならばダーブラを完膚なきまでに叩きのめすことが可能。


ゲームでのオーラスパーク演出


 最後に、近年の3D対戦アクションゲームでの超サイヤ人のオーラのスパーク演出について触れておく。
 ゴテンクス・ゴジータ・ベジット・ブロリー。
 彼らは通常のサイヤ人よりもパワーが高いことを示すためか、超サイヤ人1にも関わらず、超サイヤ人2のように絶えずオーラがスパークしている。
 ほかにもアルティメット悟飯や魔人ブウなどパワーの高い者はスパークしたオーラをまとう傾向にあり、原作やアニメにおける超サイヤ人オーラのスパーク演出とは意味が異なっている。
 なお、レイジングブラスト等のキャラクター図鑑では、超サイヤ人2の特徴として「稲妻状のオーラ」があると明記されている。




wiki目次



  • 最終更新:2014-07-31 14:51:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード