超サイヤ人1 第一段階

スーパーサイヤじんワン だいいちだんかい

 逆立った金髪に、碧眼、黄金に輝くオーラ。
 1000年にひとり出現すると言われる超サイヤ人、その最初の姿。
 全ての超サイヤ人の基本、原点となる形態。
 アニメコミックス(「絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス」内特集『超サイヤ人進化論』)では「超サイヤ人第一段階」と呼ばれる。
 略称は「超1-1」「SS1-1」「SSJ1-1」など。

超サイヤ人1 第一段階 孫悟空

特徴

  • オーラは炎が薄く揺らめくような形状。
  • 軽い興奮状態になり、凶暴性が増す。
  • 戦闘力は通常時(基本最大値)の50倍(50倍界王拳相当)。(大全集)
  • 変身時の戦闘力は数億以上のレベル。
  • 自由に変身できるようになるには訓練が必要。
  • パワーとスピードのバランスに優れる。
  • 界王拳との併用不可。(界王拳ほどではないが肉体に負担があるため)
  • 元気玉の使用不可。(サイヤ人本来の気質が悪を含むため。ただし元気玉をつくった後に変身し、そのエネルギーを吸収することは可能)

覚醒条件

  • 高い戦闘力。(最低でも数百万レベル)
  • 穏やかで純粋な心。(善悪のベクトルは問わない)
  • 怒りや悲しみなど、激しい感情の高ぶり。(意図的な怒りでも可)

変身可能な人物と覚醒時の状況


悟空 フリーザにクリリンを殺された怒りから覚醒。一人称が「オラ」から「オレ」に変化。
トランクス(未来) 人造人間に悟飯を殺された怒りと悲しみから覚醒(アニメ)。原作では初めから変身可能。
悟飯(未来) 人造人間に仲間たちを殺された怒り(を思い出しているうちに)から覚醒。正確な覚醒時期は不明。(アニメ)
ベジータ(現代) 人造人間との戦いに備えた3年間の修行で、限界を超えられない自分への怒りから覚醒。(ちびトランクスがあっさり超1-4変身できたことを考えると、トランクスが生まれる10ヶ月前、つまりブルマがトランクスを身ごもる前には超サイヤ人に覚醒していた可能性が高い)
ベジータ(未来) アニメの回想シーンでは超サイヤ人となって人造人間と戦い、敗れている。宿敵悟空が心臓病で亡くなり、やりきれない怒りが超サイヤ人を目覚めさせたのかもしれない。その場合、覚醒時期はトランクスが生まれた後となる(未来のトランクスが超1-1からの覚醒だった理由)。
悟飯(現代) 精神と時の部屋での修行。原作ではフリーザに悟空やピッコロを殺される場面を思い浮かべ、こみ上げてくる怒りで覚醒。アニメでは自分自身の弱さに対する怒りから目覚め、超サイヤ人悟空のかめはめ波を正面から押し返した。
ブロリー 幼少期の激しい悲しみから覚醒(詳細不明)。惑星ベジータ消滅時は片鱗を覗かせただけで、完全には覚醒していない。パラガスにコントロールされている時は青みがかった金髪。興奮状態のあるはずの超1-1にもかからわず、超サイヤ人1 フルパワー(第四段階)のような繊細な気のコントロールを可能とする(ほとんど一般人のビーデルを相手に死に至らしめなかった)。
バイオブロリー ブロリーのクローン。
セル サイヤ人の細胞による特質で第一形態から自然習得。見た目には変化ないが、オーラの形状が超サイヤ人の特徴を帯びる。セルが界王拳を使わないのは、超サイヤ人変身を習得しているから。
セルジュニア 同上。セル完全体ともにオーラの形状は超1 フルパワー(第四段階)だが、変身段階からすると第一段階と分類するのが妥当。
バーダック ドラゴンボールヒーローズ第5弾から登場。バーダック超サイヤ人化のストーリーがVジャンプに漫画「エピソードオブバーダック」として掲載された。ドラゴンボールヒーローズでは超1-4悟空悟飯と親子三代の競演を果たしているが、バーダックの超サイヤ人は怒りからの覚醒であり、超1-1段階であることは間違いない。ドラゴンボールヒーローズでの超バーダックは、他の超サイヤ人とのレベル差を極力なくした演出。ミラクルバトルカードダス 超激闘編 ドラゴンボール改 第4弾「戦闘種族」にも参戦。エピソードオブバーダックはアニメ化もされた。アニメのバーダックは変身後しばらくオーラがスパークしていたが、変身直後のそれはアニメの超1にはしばしば見られる光景。
サイヤ人アバター ドラゴンボールヒーローズに登場するプレイヤーの分身(男・女)。第7弾から超サイヤ人に変身可能になった(チェンジアビリティ「超サイヤ人」)。公式初となる女性超サイヤ人は要注目。対戦アクションゲーム「ドラゴンボールアルティメットブラスト」アバターモードの主人公(男のみ)も超サイヤ人に変身できるようになる。なお、ゲーム上区別はできないが、段階的には超1-1ではなく超1-4としたほうがよいだろう。


この形態からの発展変身





wiki目次



  • 最終更新:2014-07-31 14:54:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード